映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
魔王 最終話
2008 / 09 / 13 ( Sat )
終わってしまいました。
感想書くのすっかり放棄してましたが、毎週それはもう楽しみに観ておりました。
予想外な展開かと思えば案外直球で王道だったり、キャラクターも各々魅力的ですっごく面白かった…!ここまで熱中したドラマはライアーゲーム以来だ!

でも最終話のラストスパートはちょっと無理矢理に詰め込みすぎというか。なんか色々ぶった切られた感が強くて非常に残念でした。どうせならもう少しじっくり作り込んで欲しかったなあ…。
諸々の謎(主に復讐計画の経緯)とか、なにかと気になって止まないポイントを幾つも残したまま終わってくれたので、多少消化不良的な部分もありつつ。
ついでにツッコミどころも非常に多かったですが。
芹沢兄は無謀じゃないのかアレ。あの部屋って普通見張られてるんじゃないんだろうか…。
葛西はどっかにGPSでもくっついてるのか実は山野がエスパーなのか知りませんが、よくあんな人混みの中で易々と発見に至るものだ…。つか、山野の奴はアレですね。振り返れば山野がいる。
芹沢弟はわざわざ拳銃を持ち出した理由がどう考えても謎。何故だ。何故そこで拳銃。

あと最後の最後に無駄な余韻を残してくれたと言いますか(苦笑)
しおりはハーモニカから一体何を”見た”というのだ。
あのエンディングで続編なんてあり得ないだろうと思うんですが、ならば余計な伏線は張らんでいい…!(気になるじゃないか!)

そんな感じで。実は謎がどうこうよりもわりとツッコミどころが魅力的なドラマでしたが(特に終盤)、しかしそれを差し引いても本当にすごく面白かったです~。
スポンサーサイト
| TVドラマ感想 | page top↑
魔王 第四話
2008 / 07 / 30 ( Wed )
成瀬の弟・英雄はかつて芹沢達にイジめられてたんじゃなく、イジめられてた友達(山野)を庇ったんだと判明しました。
さらに英雄が芹沢に刺された現場には、山野もひっそりと居たらしい。
えっそれはキミ……今は成瀬の共犯者っぽい立場かもしれんがどう考えても明らかにターゲットの一人だよね…。(憐れ…)

さて。石本を救えなかったことで、自分には刑事の資格が無いと言って突然退職届を持っていく芹沢。
それが社会人のすることか。(※最低でも一ヶ月前には提出しましょう)
自分が悪党で情けないヤツだって忘れていたと嘆く芹沢です。忘れるにも程がある。
とはいえ悪党のままじゃなく、正義感を持つ人間になったからこそ苦しんでるわけで。そこはまた何というか皮肉なことですな…(ちょっとしんみり)

成瀬の元に見るからにタチの悪そうな、誰の目にもわかりやすく悪党ですが何かと言わんばかりの記者がやって参りました(酷)
11年前の事件の時、芹沢家から金をもらって芹沢少年に有利な記事を書いたらしい。
ああなるほど。じゃあ条件は充分に満たしてますよね。成瀬のターゲット確定。
とりあえずそのネタで芹沢家を強請って失敗したらしいこの男、どうやら逆恨みをしてる模様です。
成瀬に、芹沢家の顧問弁護士を断れという話をして去って行きました。

その頃。図書館に突然現れて、サイコメトラーしおりの前で11年前の懺悔を始める芹沢です。
しおりに「全力で生きてください」と諭されて警察に戻った芹沢に、上司が力強く語りかけます。
「おまえはどんな苦しいことがあっても、自分の過去から逃げ出すような、そんなヤツじゃない」
つい最近まで忘れてはいたけどな。

その芹沢の元に雨野真実から宅配便が届きます。
入っていたのはダンテの「神曲」の一説と、芹沢の少年時代から最近までの写真。
例によって喫茶店に直行した芹沢はサイコメトリングを依頼しますが、しおりは犯人に都合よく残像を操られているんじゃないかと疑っております。
そうか、残像ってやっぱり植え付けることが可能な設定なんだ…。

同時進行で、芹沢の友人であり兄の秘書でもある葛西の元に郵便が。
入っていたのは麻理(芹沢兄の妻)との不倫現場の写真です。
愕然と眺めているところに渦中の芹沢兄夫婦が登場。
適当な会話で遣り過ごした後に尋ねられます。
「なんの写真見てたんだ?」
!!!
一瞬で隠した意味も無いおっそろしい観察眼の劇団ひとりです。

喫茶店で空ちゃんに絵本を読み聞かせる成瀬達の元に、芹沢がやってきました。運命的に遭遇率高いよなこの人達。と思っていたら芹沢自身による呼び出しでした。
石本が殺された日に空ちゃんを連れ出したのが山野かどうか、空ちゃんに確認を取らせようという算段。
真実は間違いなく山野でありますが、でも空ちゃんは否定します。山野と交わしたらしい、”内緒にする”約束を忠実に守る空ちゃんです。
約束を守るという大事なことを徹底している空ちゃんには感心するばかりですが、ただひたすらそこまで山野に懐く理由がさっぱりわかりません。
子供心に、どう考えても怖いジャンルだと思うんだけどなあ(失礼)

ここにきて、芹沢はようやく英雄の遺族の調査を開始。
英雄の母親が、英雄の葬儀の時に亡くなっている事実を、二人の人間を殺したんだという事実を知って衝撃を受ける芹沢です。
そして戸籍で判明したさらなる衝撃の事実がもう一つ。
唯一生存してるはずの英雄の兄(=成瀬)は、戸籍上既に死亡しておりました。
しかもその氏名、「真中友雄」。
つまりとっくに計算済でした。成瀬はとっくに別人に成り代わってました。
…成瀬領って一体誰なんだ。

いよいよ芹沢家の顧問弁護士になった成瀬。
それを快く思わない例の記者に、あなたの身辺探っちゃいますよと脅しをかけられてしまいました。
確かに探られて都合の悪いことはてんこ盛りだろうけれど、既にどこまで手を打っているのかその計算と動向がちょっと楽しみです。
| TVドラマ感想 | page top↑
魔王 第三話
2008 / 07 / 20 ( Sun )
前回てっきり多恵さんに撃たれたものと思っていた芹沢の親友(取り立て屋)は病死でした
多恵さんに送られてきたブツは、拳銃じゃなく催涙スプレーだったというオチでした。
喘息を患ってた取り立て屋(名前覚えてあげて)はそれを吸ってご臨終というオチでした。
そうだったのか…だから突入したあの女刑事が「何この匂い!」って言っておられたんですね…(てっきり血の匂いか何かかと)

その頃。
迷子になってた空ちゃんを家まで送り届ける成瀬&サイコメトラーしおりです。
成瀬は初の運転シーンです。いつも歩いてる姿しか映ってませんでしたが、車をお持ちだった様子。
でもその後、しおりを店まで送り届ける際は何故か徒歩の成瀬です。折角登場した左ハンドルの車は今どこに。

ともかく今回もやっぱり多恵さんの弁護を引き受けた成瀬は、サクッと正当防衛を勝ち取りました。
もちろん芹沢、大激怒。
もちろん成瀬、(こっそり)ニヤリ。

しかし正当防衛とはいえ、人を死に追いやってしまったことを悔やみ苦しむ多恵さんです。
自分を殺人者に仕立て上げた人間が憎いと呟く多恵さんです。
その言葉を聞いて、巻き込んだことに対して多少なりとも罪悪感を覚えた様子の成瀬ですが。
…だからと言ってやり方は変えないんだろうなぁ、この人…(溜息)
実は何気にすっかり成瀬贔屓で観ているこのドラマですが、無関係の人間巻き込み型殺人に関してだけはやっぱりちょっとそれはどうなの成瀬!と問いたいところであります…。

成瀬が空ちゃんを連れ出した不思議な経緯については、終盤で謎が解けました。
謎でも何でもなかった。成瀬の仕業じゃなかった。
えっ!共犯者いたの…!?
これで事の経緯は納得出来ましたが、しかしもれなく違う謎が浮上。
あの眼鏡の彼、どう見ても首尾よく子供を手懐けられると思えないんだが(失礼)
いや、でも人は見かけによらないと昔の人は言ったものだ(更に失礼)
たぶん成瀬弟と同級生だったんだろう、さらに芹沢達にイジめられてたんだろうと思われる眼鏡くんの登場です。これからの活躍にちょっぴり期待してます。何をやらかしてくれるのやら(期待の方向性は気にしない)

謎と言えばしおりについて。
成瀬の赤い復讐部屋に、彼女の写真がしっかり存在してる事実が判明しました。
ターゲットなの!?
実はかつて成瀬弟の事件を目撃していた事実も判明しましたが、…もしやキミそのとき何かやらかしたのか…?(そのまま放置したとか、ありそうで怖い)
とりあえず成瀬は彼女の力をよくご存知のようでありました。
ちなみに今回カードから読み取った残像は、成瀬弟の中学時代の光景でした。つまり成瀬(兄)自身は知らないはずの光景。
…どういうことなのかわからん…!
調べてみたところサイコメトリーとは、対象に込められた思念や過去の経歴を辿り識ることが出来る、とのことでした。
じゃあ「残像」は、思念を込めることで意図的に残せるものだったり?
それともカード自体が実は弟の持ち物だったりしますか?
やっぱりわからん…。

そして成瀬は教会で泣いている彼女に己のハンカチをそっと差し出しましたが。
ごく普通に考えれば涙を拭ってそのまま返すなんてことがあったらびっくりなので、あのハンカチは少女がきっと洗濯して後日返却するんだと思いますが。
それの残像は大丈夫なの…?
残念ながら私には成瀬の計算がどこまで行き届いてるのかまったく読めていないので、怖いと言うか普通に心配です(やっぱり成瀬寄りの視点/苦笑)

ともかくまずは取り立て屋・石本が成瀬の計略に斃れ、残る芹沢の親友はあと二人になりました。葛西と宗田。
宗田と言えば、通りすがりの本屋で後ろ姿を目撃しただけで中学以来久しぶりに再会した同級生をピタリ言い当てる彼の記憶力は結構とんでもないなと思いました。キミ実はわりと記憶力に恵まれた子…?
宗田はたびたび芹沢家にお小遣いをたかりに来てるらしく。それに対してさっさと消えろとばかりに札束を渡す芹沢父。
普段からどんだけ懐に現金入れてるのパパ。
第三話で一番驚いたのはこのシーンです。
| TVドラマ感想 | page top↑
魔王 第二話
2008 / 07 / 13 ( Sun )
『雨野真実』に操られた男、林が芹沢家の顧問弁護士・熊田を殺した前回。
その熊田の葬儀に、成瀬登場です。
林の弁護士である成瀬に対して腹立たしさMAXの芹沢。
反して、”天使の弁護士”をお気に召したらしい芹沢父が、新しい顧問弁護士として迎えたいと成瀬にお誘いを掛けてきました。
成瀬、胸中ニヤリ。
何気にワルい顔をよくしていらっしゃる成瀬です。板についてるので結構な頻度なんだと思われます。もちろん誰も気付かないが、万が一見られでもしたらアレなのでもう少し秘めた方がいいと思うよ!(余計なお世話)

そういえば成瀬の母はどうしているのかと思ってたら、亡くなっておりました…。
それも弟の葬儀の時に。
弟を殺した加害者側から分厚い香典を渡され、しれっと札束を積まれたことに激昂した母親がその場で倒れて、どうもそのまま亡くなったらしい描写です。…そりゃあ成瀬だって悪魔にもなるわ…。

さて、芹沢の元に再び『雨野真実』からカードが届きました。
自分の周りの人間が狙われてるんだと気付いた芹沢です。
次のターゲットは父親だと思い込んだら一直線の芹沢です。
父親を守りに行ってしまいました。
捜査本部が縮小されたというのに、芹沢と同僚は結構自由奔放です。いいのか。
あっという間に父の周辺に警察官とSPを配備した芹沢ですが。…お金のある奴はやること違うよ…(苦笑)

しかし芹沢の警戒を余所にターゲットは芹沢父に非ず。
芹沢の友達(取立て屋)が、雨野真実に操られた女によって拳銃で撃たれました。たぶんお亡くなりになったと思われる。
宅配で拳銃なんかよく送れたもんだよ…。
成瀬はよくよく計算して動いてますが、でもわりと博打というか、偶然に頼ってる部分が多いのでちょっとハラハラします(苦笑)
あの女性が拳銃振りかざすまで思い詰めてなかったらどうするつもりだったんだ…。
そもそも拳銃を持ち歩いてなかったらどうするつもりだったんだ。

でも関係ない人を巻き込むのはどうなのよ!とは思いつつ。
ぬいぐるみを喜んでたあの女の子は、今回の一件で母親と引き離されるわけですよ。たぶん。
そこんとこどうなの!というか、復讐は限定してやろうぜ成瀬!!と思わなくもない…。

事件が起きた頃、成瀬はサイコメトラーの少女(年齢不詳であるがどう頑張っても少女にしか見えません。君いくつなんだ)と交流を深めておりました。
少女はどうやら成瀬に気がある様子。
成瀬は果たして少女の力に気付いてるのか、謎です。
謎と言えば少女の能力自体も謎です。
あくまでも”物体”にまつわる記憶を知るだけかと思っていたら、どうもそうじゃないらしく。
成瀬母が亡くなってることとか、芹沢父のホテルの様子とか視えてるみたいでしたが、えっ一体何がどこまで視えるの。

ちなみに芹沢は、もうちょっと頭使ってもいいんじゃないかな君。と思いました。
自分に殺人予告が届いてるんだ。
自分の周りで事件が起きてるんだ。
しかも「過去の罪を償う時がきた」っていう知らせ(タロットカード)まで貰ってるんだ。
ここまで揃っていれば、まさか中学の時の…!という考えに何故行き着かない。
それとももしや過去の芹沢は罪が多すぎてどれのことか特定出来ないとか、そういうこと?
| TVドラマ感想 | page top↑
魔王 第一話
2008 / 07 / 06 ( Sun )
久しぶりのドラマ感想です。
予想を上回る面白さだった。

『差出人不明のタロットカードが届く時、連続殺人の幕がひらく』
一人は弁護士。弟を殺されたその日から、ただ復讐だけを胸に秘めて生きてきた男。
一人は刑事。暗い過去への贖罪のため、悪を憎んで正義に燃える熱血漢。
善人から悪人になった男と、悪人から善人になった男。
少年時代に起きた殺人事件をきっかけに対峙する二人の物語です。

何気なく観てたらハンパなく面白くて、途中で思わず姿勢を正しました。
うっわ、面白かった…!(ちなみに元ネタの方はまったく知りません)
これは続きがとても気になる!来週からしっかり録画だ録画!

世間から法曹界の天使と呼ばれる、めちゃくちゃ有能な弁護士・成瀬(大野智)。
少年時代に弟を殺されて以来、ずっとずっとずっと(エンドレス)犯人を憎み続けている人。
彼のマンションには復讐部屋があります。
室内に貼ってあるのは犯人&その周囲の人間の写真(怖すぎる)
弟を殺した当時から、(たぶん10年くらい経過してると思われる)今現在までの成長記録的な犯人の写真がみっしりです(怖すぎる)

ちょ、アナタそんな思いっきり物的証拠丸出しの部屋なんか作ってていいの…!?
もうちょっと秘めた方がいいのでは。家宅捜索なんかされた日にはジ・エンドじゃないか…!(そこツッコむとこじゃない)


さて対する芹沢(生田斗真)。
奔放で型破りで破天荒で、親の敷いたレールが気に食わず反発しまくって生きてる熱血刑事。
昔は不良グループのリーダーだったっぽいです。悪の限りを尽くしたとかなんとか、どっかで語られてたなそういえば。
そんなこんなで少年時代に成瀬の弟を殺した張本人。でも金持ちの坊ちゃんだったおかげで、無罪を勝ち取ってのうのうと暮らしてきた様子。(しかもつい最近までそれ忘れてたっぽい)(あり得ない)

つか、この弟にこの兄はないだろう。
生田斗真に劇団ひとりは普通にないだろう。
ああそうか、もしかして血の繋がり無いのか君達。(外見だけでそこまで!)

ともかく始まりました。成瀬による、芹沢への復讐劇。
一話目にしてもうすでに二人の立ち位置が判り易く明確なので、これからどう展開していくのか楽しみでなりません。
実は人違いとかそんなオチじゃないよねー…ともチラっと考えましたが、どうも杞憂っぽいです。成瀬の企ても、芹沢の過去の罪も、その辺は想像以上にハッキリ描かれてました。あの映し方で芹沢が犯人じゃなかったらどんな手品か記憶障害かという話になってきます。

ひとつだけ疑問。
”雨野真実”が送りつけてくるカードは何故わざわざ小包なんだろう。
伝票番号から足がつくじゃないか!(その辺も計算されてるっぽかったが)
| TVドラマ感想 | page top↑
時効警察2話~4話
2007 / 05 / 06 ( Sun )
感想書いてませんでしたがちゃんと観てます時効警察。
パート2になってユルさに磨きが掛かりました時効警察。
相変わらず細かい小技が炸裂してます時効警察。
面白いです。面白いんですが。でもちょっと微妙にマイナスな感想も抱いております残念ながら。
なんと言うか2になってから妙に展開がちょっぱやになった気がしてならない。
帰ってきた霧山は謎を解き明かす過程がやたら問答無用になった気がしてならない。
うーん。だがしかし帰ってくる前の話はもうウロ覚えであるため間違いなくそうだと断言出来る自信は無い(…)
まあ、あの、なんとなく今度の霧山は頭が冴えまくっているとか解釈しておけばいいや…。
| TVドラマ感想 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。