映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
ひとこと 【ア行】
2006 / 10 / 28 ( Sat )
■AIKI
「サマ子」が大変イイ女でした。が、到底夢幻としか思えない存在。

■アダム・サンドラーはビリー・マジソン ~ 一日一膳~ (Billy Madison)
細かいところでブシェミが最高級に輝いている。「絶対ぶっ殺す奴リスト」最高。

■あらしのよるに
絵本と比べてLOVE度が3割増。何故にそこまで。

■ある日どこかで (Somewhere in Time)
自力でタイプトリップをやってのけ、大女優に押しの一手で接近する主人公のド根性は尊敬に値する。がラストはあまりに壮絶で言葉も無…。

■家なき子
「今度は戦争だ!」。どこで出てきましたかそんなセリフ。

■ISOLA
主人公のエンパスも登場人物の心情も、表現すべてが中途半端でえらい勿体ない。

■依頼人 (The Client)
親子のような友達のような絆にものすごい勢いで感動。大変良質なサスペンス。

■インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (Interview with the Vampire)
自己中で淋しがり屋で甘えん坊な、年季の入った吸血鬼トム。繊細で打たれ弱い気の毒な青年ブラピ。これに幼いキルスティンが加わった恐怖のトライアングル。

■インファナル・アフェアⅢ 終極無間 (INFERNAL AFFAIRS III 終極無間)
何故必要なのか。Ⅱで終わって欲しかった。

■ウォーター・ボーイ (THE WATERBOY)
キャシー・ベイツ演じるママさんへ。私はミザリーのあなたが忘れられません。

■ウォーター・ボーイズ
青春大爆裂ストーリー。単純で判りやすく文句ナシに面白い。

■UDON
何度ヨダレが溢れかけたことか。ものすごく美味しそうでした。うどんもコニタンも!(ん?)
あとはどれが演技でどれが素なのか尋ねたい、わりと等身大のユースケ・サンタマリアだった。

■LIMIT OF LOVE 海猿
パート1より判りやすくドラマ性のある、非常に出来の良いパート2。王道を踏襲している展開は文句なしに面白かった。結末も爽快。

■エイミー (Amy)
イイ話でした。が、期待しすぎは良くないと実感。何か足りないと思ってしまった自分が悲しい。

■エバーアフター (EVER AFTER)
木に登って川で泳いで王子をかついで姉をグーで殴る、一風変わったシンデレラが愉快で爽快。王子の存在が危ういほどのヒーローっぷり。

■エントラップメント (ENTRAPMENT)
追う側と追われる側の駆け引きが秀逸。でも最後の最後で欠片も捻りが無いのは残念でならない。

■踊れトスカーナ! (IL CICLONE)
愉快で可愛いラブラブコメディ。綺麗なお姉さんは好きですか?(大好きです)

スポンサーサイト
| ひとこと感想 【ア行】 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。