映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
真夜中の弥次さん喜多さん
2007 / 01 / 21 ( Sun )
真夜中の弥次さん喜多さん [DVD]真夜中の弥次さん喜多さん [DVD]
(2008/10/24)
長瀬智也中村七之助

商品詳細を見る


『お伊勢参りへ行こうぜベイベー』

05年・日本(時代劇コメディ)
<監督> 宮藤官九郎
<脚本> 宮藤官九郎  (原作:しりあがり寿)
<キャスト> 長瀬智也/中村七之助/阿部サダヲ/小池栄子/寺島進/竹内力/山口智充/荒川良々/ARATA 他
****************************************************************
ワイルドで熱い弥次さんと、ヤク中の役者喜多さんはディープに愛し合う恋人同士。
虚ろに”リヤル”(現実)を求める喜多さんを立ち直らせたい弥次さんは、「リヤルは当地にあり」と書かれたダイレクトメールに望みを託し、二人でお伊勢参りへ旅立つことを決意する。
喜多さんのヤク中を治すため、そしてリヤルという名の自分探しのために生まれて初めて江戸を飛び出した彼らだが、その行く先々では様々な関門が待ち受けていた。

****************************************************************
一癖も二癖もある豪華出演者をふんだんに揃えて繰り広げた、時代考証完全スルーの時代劇コメディ。
デタラメ万歳!で好き放題に突っ走る有り様は、ある意味清々しいくらいぶっちゃけカオスの極致です。
なんて自由奔放…!
ちょっと感動でした。なるほどこれがクドカンワールドってやつですか。すごいなあ!

でもテンポの良い前半とは打って変わって、残念ながら途端にガタ崩れの後半。
夢と現をぐるぐる行き来する弥次喜多の世界にポツンと取り残されたような微妙な疎外感と、何度も繰り返される似通った流れのクドさに正直ダレました
さらに尻つぼみのまま流れ出したスタッフロールにしばし呆然。
ぶった切られた感がなんとも強烈です。まあ”取り戻した”って意味ではあれで完結と言えなくもないんだろうけども、…でもなんだろうこの不完全燃焼的なスッキリとは程遠い中途半端さ(苦笑)
いっそもう少し短く編集した方が良かったのでは、と思わないでもない124分でした。

私的評価:★★★
スポンサーサイト
| 邦画 | page top↑
50回目のファースト・キス (50 FIRST DATES)
2007 / 01 / 10 ( Wed )
50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション [DVD]50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/06/25)
アダム・サンドラーロブ・シュナイダー

商品詳細を見る


『記憶をなくしてしまう自分に、絶対伝えたいこと。』

05年・米(ラブコメ)
<監督> ピーター・シーガル
<脚本> ジョージ・ウィング
<キャスト> アダム・サンドラー/ドリュー・バリモア/ロブ・シュナイダー/ショーン・アスティン/ダン・エイクロイド 他
****************************************************************
常夏のハワイ。水族館で獣医として働くヘンリーは、観光客とひと夏の恋を楽しむプレイボーイ。
そんな火遊び主義で通していたはずの彼が、ある日カフェで出会ったルーシーに一目惚れ。二人はすぐさま意気投合し、今までにない恋が訪れたかに見えた。
しかし翌日、同じカフェで再会したルーシーはまるで初対面のように他人行儀で取り付く島もない。
驚くヘンリーに知らされたのは、彼女が一晩経つと前日の記憶をすべて失ってしまう短期記憶喪失障害を患っているという事実。
それでもルーシーを諦められないヘンリーは、毎日初対面から始め、あの手この手で気を引いては愛を告白し続ける。

****************************************************************
とりあえずアダム=モテまくりプレイボーイの図式にちょっと大きな違和感を覚えるところから映画は始まります(笑)
あ、いや、でも愉快で紳士な男ですしね。うん、確かに惚れてもおかしくないですよね。すみません謹んで失笑を詫びます。
そしてさすがはアダム映画というべきか、脇を固めるキャラクターがまたみんな癖のある個性豊かな面々揃い。これでブシェミがいらっしゃったらもう完璧だった!(笑)

実在の病(症例はさまざまでしょうが)と捉えれば軽々しい発言など出来ませんが、うん、そこはあくまでも恋の障害の一つとして描かれているこの話にリアリティを求めてしまったら負けだと思うわけで。
記憶喪失を扱った映画は多々あれど、ここまでコメディ要素をガッツリ練り込んで且つハートフルなラブロマンスに仕上げる術は心からグレイトだと思いました。拍手喝采。

まあでもいわゆる一つの”恋の障害”にしても大変難儀なんですけどね、これ…。
だってあれです、全力尽くして口説き落としても次の日には初対面なわけです。アンタ誰?
やっと言ってくれたホールドミーでラブラブ絶頂迎えても翌朝隣で大絶叫です。アンタ誰!?
なんて根気の要る恋愛。
それでもめげない、諦めない、前向きなヘンリーの姿に見ているこっちの好感度は天井ぶち抜く勢いで上がりっぱなし。いやあイイ男ですねヘンリー。そりゃあモテモテだっておかしくないですよアナタなら。ごめん、わたし冒頭で本当に失礼なこと言った!
加えてバリモアちゃんもとびっきりチャーミングで、こちらもまた好感度花マル!
「ウェディング・シンガー」コンビの再共演、とても楽しませていただいた。

私的評価:★★★★
| 洋画 | page top↑
ちょっぴり補足
2007 / 01 / 07 ( Sun )
あ、ちなみに。ⅠとⅡは特記しましたが、「インファナル・アフェアⅢ」については「ひとこと感想」にて簡潔に記しております。
| 更新 | page top↑
ブラッディ・レイン (黒白戦場 Colour Of the Loyalty)
2007 / 01 / 07 ( Sun )
ブラッディ・レイン [DVD]ブラッディ・レイン [DVD]
(2006/04/07)
ショーン・ユーエリック・ツァン

商品詳細を見る



04年・香港(アクション)
<監督> バリー・ウォン
<キャスト> ショーン・ユー/エリック・ツァン/ロイ・チョン/ラム・シュ/エマ・ウォン 他****************************************************************
引退を目前にして何者かに命を狙われる黒社会の大ボス・ドラゴンは、長年忍ばせていた秘密部隊を護衛として動員し、組織の裏切り者をあぶり出しに掛かる。
そのリーダーを務めるファットは仲間と共にボディーガードの任に徹するが、やがて水面下で渦巻く陰謀に仲間たちを殺され、追い詰められていく。

****************************************************************
香港ノワールです(またか)
そんなこんなで御馴染みの黒社会モノです。キャストも相当かぶってるためすっかり見慣れた顔が幾つかありますがまあ気にしない。
けれど、やっぱりどっかで見たような光景がぎっしり凝縮されたストーリーはさすがに笑うべきか悩むところ。
『悲しきヒットマンの物語』
単発で観たならば、うん確かにそうだと思うんですが。物凄く痛々しい悲惨な話なんですが。
けれど香港ノワールばっか続けて観てると食傷気味でも仕方あるまい。
ショーンのオトコマエっぷりを堪能するにしても、うーん別にこの映画じゃなくてもいい気がします。

私的評価:★★
| 洋画 | page top↑
インファナル・アフェアⅡ 無間序曲 (INFERNAL AFFAIRS II 無間序曲)
2007 / 01 / 07 ( Sun )
インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】 [DVD]インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】 [DVD]
(2007/01/17)
アンディ・ラウトニー・レオン

商品詳細を見る


『生きるために、すべてを捨てた。』

03年・香港(サスペンス)
<監督> アンドリュー・ラウ/アラン・マック
<脚本> アラン・マック
<キャスト> エディソン・チャン/ショーン・ユー/アンソニー・ウォン/エリック・ツァン/カリーナ・ラウ/フランシス・ン 他
****************************************************************
1991年。香港マフィアの大ボス・クワンが暗殺された。
騒然となる黒社会を余所に事態を一人静観する手下のサムは、子飼いの青年ラウを警察学校へと送り込む。
時を同じくして、正義感が強く善人であることを望みながらも、クワンの私生児であることが発覚し警察学校を退学になったヤンは、しかしその資質を認められて潜入捜査官という立場を得ることに。
ラウとヤン。今ここで二人の青年の運命が交差する──。

****************************************************************
後に衝撃的なご対面を果たすことになる若き日のヤンとラウを描いた続編。
二人の苦悩が始まったばかりの物語。
同時に、それぞれの上司であるウォン警部とサムの確執を描いた話でもある。
ともかく、すみませんわたし初っ端からショーン・ユーにクギヅケなので力の入り具合も偏っております。一応前置き。
苦悩っぷりにおいてはやっぱりさすがのトニー・レオンに敵いませんが、淡々とした演技と意志の強さを思わせる若き日のヤンも大層素敵でございました。大満足。
この子があのしなびれっぷりも素晴らしい10年後のヤンへ成長を遂げるのかと思うと物凄く感慨深いです(間違いなく誉め言葉)
対して若き日のラウ。そのお坊ちゃん風なイケメンと佇まいに反して、情熱的な若者だったことが窺える意外性が良く描かれててこちらもまた高ポイント。物語の重要なキーでもあるので、なるほどなあ、としみじみ「Ⅰ」に思いを馳せるも良し。
後に深みを増す彼らの生きる道が一つ一つ積み上げられていく過程は凄く興味深かった。
まあ辿り着く先を知っているからこその切なさもガッツリ募るわけですが。

私的評価:★★★★
| 洋画 | page top↑
インファナル・アフェア 無間道 (INFERNAL AFFAIRS 無間道)
2007 / 01 / 07 ( Sun )
インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】 [DVD]インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】 [DVD]
(2007/01/17)
アンディ・ラウトニー・レオン

商品詳細を見る


『男には決断すべき時がある。心に秘める愛がある。』

02年・香港(サスペンス)
<監督> アンドリュー・ラウ/アラン・マック
<脚本> アラン・マック
<キャスト> アンディ・ラウ/トニー・レオン/アンソニー・ウォン/エリック・ツァン/エディソン・チャン/ショーン・ユー 他
****************************************************************
その能力を買われ、警察学校に送り込まれたマフィア組員の青年ラウ。
その能力を買われ、警察学校を退学になったのち潜入捜査官として抜擢された青年ヤン。
10年後。二人は偽りの身分の中で成長を遂げ、それぞれの立場で重要なポストを与えられていた。
やがて大規模な麻薬取引が行われた日。攻防の末にマフィア組織は取引を、警察側は検挙を逃し、それは互いに「内通者」の存在を知らせる契機となる。
そうして警察はラウに、組織はヤンに、双方から送り込まれた内通者を探し出し始末するよう命じるのだった。

****************************************************************
香港マフィアと香港警察の闘いを描いた香港ノワールです。
メインは主役二人の熾烈な駆け引き。激しい苦悩と攻防戦。苦悩は主にヤン担当。
運命が交差する瞬間が幾つもあった二人の、酷く似ているのに決定的に違う境遇を際立たせたドラマとサスペンス。
なんかこう、あまりにも幸薄そうな感じに佇むヤンが初っ端から痛々しいです。その捨て犬のように悲しげな顔が早くも何かを物語っていて切なさ満載(いや別に顔のせいではないと思…)
対してラウは微妙なふてぶてしさ相応のしたたかさが前面に押し出されてるように見えます。ここが対照的(うん、だから顔のせいではないと略)でも彼は彼で抱えてるものが後々明かされる。

皮肉にも資質を見込まれて裏切り者をあぶり出す立場に置かれた二人が、互いに互いを追い詰めていく様子は手に汗握る展開。
彼らを取り巻く人間関係や小道具もわりと緻密に描かれていて、ちゃんと組み込まれてるあたりに作品自体の好感度もアップ。
ただ、わたしが物語もかなり早いうちから若き日のヤン要するにショーン・ユーに心奪われたため、ヤン贔屓で観てしまった故にラストでショッキングな叫びを上げたあたりは我ながら痛い。映画館じゃなくて良かった。

私的評価:★★★★
| 洋画 | page top↑
Mr.&Mrs.スミス (MR.AND MRS. SMITH)
2007 / 01 / 05 ( Fri )
Mr.&Mrs.スミス「ウォンテッド」公開記念スペシャル・プライス版 (初回限定生産) [DVD]Mr.&Mrs.スミス「ウォンテッド」公開記念スペシャル・プライス版 (初回限定生産) [DVD]
(2008/09/10)
ブラッド・ピットアンジェリーナ・ジョリー

商品詳細を見る


『一瞬で恋に落ちた、ふたり。おたがい、その正体は秘密。』

05年・米(アクション)
<監督> ダグ・リーマン
<脚本> サイモン・キンバーグ
<キャスト> ブラッド・ピット/アンジェリーナ・ジョリー/ヴィンス・ヴォーン/アダム・ブロディ/ケリー・ワシントン 他
****************************************************************
一瞬で恋に落ちた電撃的な結婚から6年。すっかり冷め切った生活を送るスミス夫妻には、互いに秘密があった。それはどちらも凄腕の殺し屋であるというその正体。
しかし真実はある日ミッションがダブルブッキングしたことで発覚する。よりによって敵対組織の人間であることは二人にとって致命的。相手を消さなきゃ自分がヤバイ。残された猶予は48時間!

****************************************************************
彼らを取り巻く事情は観ている側に早い段階で示されるので、そこから一体どう展開してくれるのかとても楽しみだったのですが。

駆け引き?
うん、無かったです。

スリル?
うん、無かったです。

終始一貫ちょっと規模の大きな夫婦喧嘩です。
あ、でも派手にドンパチ繰り広げる美男美女を堪能するには申し分ないです。
なるほど彼らはこれでくっついたのかと納得するのも一つの楽しみ方です。

私的評価:★★
| 洋画 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。