映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
博士の愛した数式
2007 / 04 / 27 ( Fri )
博士の愛した数式 [DVD]博士の愛した数式 [DVD]
(2006/07/07)
寺尾聰小川洋子

商品詳細を見る


『博士と過ごしたひとときは 私とルートにとって本当に大切な時間でした』

05年・日本(ヒューマン)
<監督> 小泉堯史
<脚本> 小泉堯史  (原作:小川洋子)
<キャスト> 寺尾聰/深津絵里/齋藤隆成/吉岡秀隆/浅丘ルリ子 他
****************************************************************
「ぼくの記憶は80分しかもたない」。
博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた──。

交通事故で記憶障害を負った天才数学者と、彼のもとで働き始めた新しい家政婦、そしてその息子のルート(√)。博士が最も慈しむ『数字』を通じて、ぎこちなかった彼らの日々が温かな交流で溢れて行く。

****************************************************************

原作を読んでから映画を観ました。
親しみ易い話に纏まってるなあというのが率直な感想です。もちろん悪い意味ではなく。

でも本当は博士と打ち解けるのにもっと時間が掛かっていたり、打ち解けてからも色々な問題が生じていたりするわけで。
そして「博士」の人となりや人生、家政婦である「私」と息子の「ルート」との行く末なども含め細やかな描写を求めるならば、原作の方が断然オススメです。

けれど。すんなり世界に入り込める点では映画の方に分がありそう。判り易いと言うよりは、取っ付き易いです。細やかな描写が省かれている分、映像で魅せてくれる。それと二割増で優しい話に仕上がっている(特にラスト)

ちなみに個人的に数学は心の底から苦手であります。いや苦手と言うか。
約数って何だっけ。と素で思う程度にはとっくに理系とオサラバしている文系人間です。
そんなわけで数学の何たるかを恍惚と語り出す博士のシーンにぶち当たるたび、原作は読み進めるのに大変困難を極めました(映画じゃそれほど出てこないが)
数字はとにかく美しい!と崇め褒め称える台詞や描写がてんこ盛りの本作なんですが、物事に傾倒する気持ちとか、得手不得手に関わらず言ってることはよく判るのです。
うん、そもそもこの物語で『数字』という存在は彼らの交流の要であり、何より意味を持つのです。苦手意識などまったくもって不要である!
だがしかし。
そう判っていてもなお数字に興味が無いどころか脳が拒否反応を示してしまう時点で、博士に同調出来ない一抹の淋しさは沸き起こった…(沈)

原作にしろ映画にしろ、「オイラーの公式」の謎(というか意味合い)が明確に解き明かされなかったのが残念です。
いやもしかすると私が気付かなかっただけという可能性も決して忘れてはならない。(悲しくも数式に拒否反応が出てしまう故に)


私的評価:★★★
スポンサーサイト
| 邦画 | page top↑
ベルベット・レイン (江湖/BLOOD BROTHERS)
2007 / 04 / 21 ( Sat )
ベルベット・レイン [DVD]ベルベット・レイン [DVD]
(2006/02/10)
アンディ・ラウジャッキー・チュン

商品詳細を見る


『あとは、愛が足りない。』

06年・米(ヒューマン)
<監督> ウォン・ジンポー
<脚本> トー・チーロン
<キャスト> アンディ・ラウ/ジャッキー・チュン/ショーン・ユー/エディソン・チャン/リン・ユアン/エリック・ツァン 他
****************************************************************
大ボス、ホンの暗殺計画が噂される黒社会。
冷酷無慈悲な弟分のレフティが黒幕の洗い出しに掛かる中、互いに腹を探り合う配下達。
折りしも息子が誕生し守るものが出来たホンと、それを機に引退を勧めるレフティとの間には、固く結ばれた絆に反していつしか深い確執が生まれていた。
一方。この世界で一旗上げようと野望を抱く二人のチンピラ、イックとターボは、とある計画の実行犯が選ばれるくじ引き会場へと潜り込む…。

****************************************************************

見慣れた顔のオンパレードに今ではむしろホッとする香港ノワールです。
そしていい感じに集めてくれた美の競演
寡黙な美青年イック(ショーン・ユー)が今回もまた男前でたまりませんでした。男前すぎてたまりませんでした(二度言った)。
しかしあまりに徹底された不言実行っぷりに、観ている側としては彼の中でどんな変化が生じているのかイマイチ不明瞭で、結果いつも唐突に事を起こす人だったのが微妙に残念だ。

ターボ(エディソン・チャン)のチャラ男っぷりはやけに新鮮でした。
(イメージ的に「インファナル~」のラウ、いいやそれよりも「頭文字D」の涼介が頭に根付いていた)
若かりし頃の加勢大周に見えて仕方なかったのは、遠い記憶をムリヤリ封じることでとりあえず遣り過ごしました(そんな必死になることでは)。

ホン(アンディ・ラウ)とレフティ(ジャッキー・チュン)の間に存在する溝は、よく一緒に仕事なんぞ出来るもんだなあと思う程度には判りやすい深さです。
組織において頭とその片腕がこうも考え方を異にしていて、それでも成り立っちゃうあたりに主に頭であるホンの力量を示しつつ、そこでもまた二人の立ち位置を明確にしているんだろうなあとは思う。
ちなみに”レフティ”というと「フェイク」を思い出しますが、だから何だということはまったく無い

物語は中盤から徐々に伏線がその効果を発揮し始めるわけですが。
やがて彼らの人生が一つの物語へと集結していく、この見せ方は素晴らしいと思いました。
でも総合的な感想が「まあまあ」以上にならないのは、どうしても「インファナル・アフェア」と比べてしまうからだということは自覚している。悔しいが、でもこればっかりはどうしようもないんだ…!


(以下、ネタバレにつき反転)

最後まで残った疑問がこれ。
エミリーはヨーヨーなんですか?(本当にわからなかった)


(反転終了)


私的評価:★★★
| 洋画 | page top↑
愛してる、愛してない… (A LA FOLIE... PAS DU TOUT)
2007 / 04 / 16 ( Mon )
愛してる、愛してない... [DVD]愛してる、愛してない... [DVD]
(2003/09/26)
オドレイ・トトゥサミュエル・ル・ビアン

商品詳細を見る


『あなたがバラをくれたから、私は心にケガをした。』

02年・仏(ラブサスペンス)
<監督> レティシア・コロンバニ
<脚本> レティシア・コロンバニ
<キャスト> オドレイ・トトゥ/サミュエル・ル・ビアン/イザベル・カレ/クレマン・シボニー/ソフィー・ギルマン 他
****************************************************************
美術学校に通うアンジェリクには、心臓外科医のロイックという恋人がいる。
出会いの記念として彼に1本のバラを贈り、アンジェリクの頭は今日もロイックのことでいっぱい。
彼には弁護士の妻がいて妊娠中だが、離婚は時間の問題と信じていた。
ところがある日、裁判所の前で妻と寄り添っている彼の姿を目撃してから、アンジェリクの様子がおかしくなり始める…。

****************************************************************

絵を描いているときも、アルバイトをしているときも、彼女の日常はロイックで埋め尽くされています。
奥さんがいても、彼が自分を愛してくれているという想いを深く深く信じてる。
デートをすっぽかされても、いつまでも待ち続けて。
楽しみにしていた旅行の約束が無くなっても、耐え続けて。
どこまでも彼を想い続ける、一途で健気な女の子です。

が。

(以下、ネタバレにつき反転)

しかしそのすべてが彼女の妄想というこの恐怖。(ガクガクブルブル)
医師との関係は単なる隣人であります。
不倫どころか面識自体ほんの数回です。
デートは自分がセッティングしているだけです。
所謂ストーカーという名の大迷惑です。


(反転終了)

絡まった糸が次第に解けて整合されていく、巻き戻しを掛けたように展開されるシナリオが秀逸。
衝撃と恐怖を一層煽ってくれました。
うーん。
アメリが何処かでうっかり道を誤ると行き着く未来かもしれないなあ(苦笑)

私的評価:★★
| 洋画 | page top↑
帰ってきた時効警察 第一話
2007 / 04 / 14 ( Sat )
今クールで最も楽しみなドラマが始まりました。
(いいやむしろコレしか観る気がないので『唯一楽しみな』が日本語として正しいんじゃないかと思われる)
ともかく。
霧山修一朗が帰ってきました。
資金が底を突いて趣味の捜査を無念にも打ち切った男が帰ってきました。
競馬で一攫千金、趣味に返り咲いた霧山です。
相変わらず素敵にカッ飛んでる十文字に引きかえ、新キャラ真加出が何気に冷め切ってて高ポイントです。
…………。
今後が楽しみですね。
(これ以上書くことが思いつかなかった)
| TVドラマ感想 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。