映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
アンフェア the movie
2008 / 04 / 23 ( Wed )
アンフェア the movie [DVD]アンフェア the movie [DVD]
(2007/09/19)
篠原涼子

商品詳細を見る


『信じられるのは、自分だけ』

07年・日本(アクション)
<監督> 小林義則
<脚本> 秦建日子  (原作:藤嗣麻子)
<キャスト> 篠原涼子/寺島進/江口洋介/加藤雅也/阿部サダヲ/椎名桔平/濱田マリ 他
****************************************************************
雪平夏見の娘が入院している警察病院がテロリストに占拠された。
彼らの要求は、警察庁が不正流用した機密費の80億円。
突入したSAT隊をも容易く殲滅してみせたテロリストと、裏金の存在を否定する警察との攻防戦が繰り広げられる中、雪平は事件に巻き込まれた娘を救い出そうとするが…。

****************************************************************

※ネタバレ含有につきご注意願います。


最初に率直な意見をひとつ。
連ドラの映画化というと結構な確率で陥るのがこの結果だと思うんですが、今回も例外なくキタ。

これを映画にする必要はどこにあったの?

テレビシリーズ未見の人でも、映画単体で楽しめるような配慮は成されておりました。
が。それが少なからず原因なんだろうか、この酷い有り様は…。
張った伏線が回収されて無いのかそもそも伏線ですら無かったのか、ムダな描写てんこ盛りのわりに肝心の展開が無謀なトントン拍子且つぼっこぼこの穴だらけで、まさに”アンフェア”な仕上がりになってました。
基本テーマの「アンフェアなのは誰か」。
誰っていうよりむしろ製作がアンフェアだと思うよ…!(苦笑)
そう思わせることこそが狙いならお手上げだけど!

ちなみにツッコミどころも満載でした。わかりやすい例を挙げるならばコレ。
→ハイヒールで院内を闊歩してもまったく見つからない雪平夏見。(透明人間ですか貴方)
→あっさり裂ける戸田の防護服。(脆弱にも程がある)(しかもガムテで補修を試みるトンデモっぷり)

やたら豪華だったキャストについては、個人的に二点しか目が行かなかったのでそこだけ特筆させていただきます。
寺島進は男前すぎると思う。(蓮見じゃなくても惚れます)
そして阿部サダヲは出番が少なすぎると思う。(折角昇格したのにこの扱い…!)

どうであれテレビシリーズから続いて、雪平夏見はこれで人間不信に陥らなかったらどんな聖人君子ですかと思うくらいに、ひっどい裏切りのオンパレードでありました。
しかも個人的にとても嫌いな、スッキリ完結しない系の映画だったのが残念です。
とりあえず目下の謎。

ラストシーンで”彼”を狙撃したのは誰なんですか?

やっぱり(ネタバレ反転)薫ちゃんですか?あの派手なベストは薫ちゃんですか?(反転ここまで)
一応微妙に伏線は張られていたけども、確かにあの薬莢を拾って内ポケットに入れる仕草とか前にも似たような描写があったけども。……えー。
ついでにテレビシリーズで牧村を撃ったのは誰なんだろうか。
(再び反転)安藤は確かにライフルを蓮見の家に運び込んでる様子は映像として流れてたけど、でも肝心の狙撃シーンは無かったんだよなあ…。もしやそれも薫ちゃんだった可能性があるの…?(反転ここまで)
わからん…!

ちなみに映画に限らずテレビシリーズに対しても、スペシャル版に対しても同じこと思いましたが。
どうも黒幕さんの演技自体に伏線が張られて無さすぎるというか。
正体暴かれるその直前までの演技が、あまりにも素でありすぎると思う。
”自分が最終的に黒幕である”という認識を踏まえて演技して欲しい、というのはさすがに無理難題かもしれませんが、せめて演出でもいいから描写は欲しかったです。
普段の姿と、復讐を胸に秘めてあれだけの犯行に及んだ人間のそれとは、あまりにも結びつかなすぎたというか。
実はこいつが犯人でした、と露見したときに「えええええ!?あ、でも確かにそういえば…!」という、この”そういえば”に該当する描写が欲しかったです。
もしかして怪しいの…?と思わせる一面がほんの極少であるばかりに犯人が唐突すぎて、むしろ消去法しかなくて逆に拍子抜けでした。
(反転)安藤もそうだが、安平さんは尚更。(反転終了)


私的評価:★★
スポンサーサイト
| 邦画 | page top↑
フライトプラン (FLIGHTPLAN)
2008 / 04 / 10 ( Thu )
フライトプラン [DVD]フライトプラン [DVD]
(2007/06/20)
ジョディ・フォスターショーン・ビーン

商品詳細を見る


『その時、最新鋭の旅客機は、史上最悪の《戦場》に変わる──!』

05年・米 (サスペンスアクション)
<監督> ロベルト・シュヴェンケ
<脚本> ピーター・A・ダウリング/ビリー・レイ
<キャスト> ジョディ・フォスター/ピーター・サースガード/ショーン・ビーン/マーリーン・ローストン/エリカ・クリステンセン 他

****************************************************************
最新鋭のジャンボ旅客機内で、目を離した隙に6歳の愛娘が忽然と姿を消した。
母カイルは一心不乱に娘を探し回るがどこにも見当たらず、その姿を目撃した者すらいない。
やがて娘の名が搭乗記録に存在しないことを知らされた時、カイルはこれを誘拐だと訴えるが、しかしもとより不安定だった彼女の精神状態が問題視される。

****************************************************************

※ネタバレ含有につきご注意願います。


現場はジャンボジェットの機内という、いわば密室状態。
姿はおろか、荷物・航空券に至るまで忽然と消えてしまった娘。
容疑者は不明。可能性は全乗客乗員にある。

設定はすごく、ものすごく面白いと思う…!
このアイディアを上手く活かせたなら本当に面白い作品になったんじゃなかろうかコレ。
でもひたすら勿体ない話でした。
設定をぶち壊す勢いで展開がめちゃくちゃです。というか無茶です。

犯人の動向というか、思惑自体が最も謎でした。
やたら計画的な犯行と思わせておきながら、あまりにも偶然に頼りすぎた部分が多くないか…?
何か一つでも前提が崩れれば成り立たなかったと思うのですが、どうなんだろう。
例えば、客室乗務員の誰か一人でも素晴らしい記憶力で親子の顔を覚えていたらどうするんだ。
娘を連れ去る決定的瞬間を目撃してる人間がいたらどうするつもりだったんだ。
そもそもカイルがうっかり眠らなかったらどうするつもりだったんだ。
いかに睡眠薬を常用していようが、飲んでから眠ったわけでもあるまいし、他人にポケット探られて気付かないほど深い眠りにつけるものだろうか。飛行機の中で??
どこまで謎だらけなんだ。

そしてジョディ・フォスター演じるカイルの身勝手さが目に余りました。
確かに彼女は紛うことなく理不尽に害を被った犠牲者なので、もちろん気の毒ではあるんですが。当事者の胸中を思えばそりゃあもうパニックに陥るのは道理といいますか。理解は出来なくも無いんですが。
でも感情移入は無理だった。
自分が目を離した隙に子供が居なくなって。(小さな子供から目を離すべきじゃないと思う)
ひと通り探しても見つからないこれは誘拐だと騒ぎ出して。(いやまあ実際誘拐だったんだけども)(でもその騒ぎ方が傲慢すぎる)
なまじ専門知識があるだけにそれを振りかざすという。(実はこの旅客機の設計者である)
彼女、結構やりたい放題です。
問答無用の手段に出るのはそれだけ必死だという表れでもありますが、でもこうなると偶然乗り合わせた乗客が一番迷惑を被っていると思われ。あと機長(及び乗務員)。

この映画は犯人に行き着くまでが物語の要だと思うので、やたらあっさり片がついた対決については敢えてツッコミ入れませんが。
ただ、なぁ。娘を助け出して機長に謝らせてそれで終わりかと思うと酷い話だなあと思いますよ。
激昂していたとはいえ、結果的に濡れ衣だったアラブ人に対する非礼を一言謝るとかそんな態度を見せるべきじゃないですかね、カイルは。ちょうどラストでその機会もあったんだし。

酷いと言えば客室乗務員の態度も大概酷かったんですけども。今のご時勢であの接客態度、どんだけクレーマーを刺激したい勇者ですか(苦笑)


私的評価:★★
| 洋画 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。