映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
M:I-Ⅲ (MISSION: IMPOSSIBLE III)
2009 / 03 / 23 ( Mon )
M:i:III [DVD]M:i:III [DVD]
(2007/06/22)
トム・クルーズミシェル・モナハン

商品詳細を見る


『タイムリミット48時間――この夏、世界各国で最も不可能なミッションが始まる!』

06年・米 (スパイアクション)
<監督> J・J・エイブラムス
<脚本> J・J・エイブラムス/アレックス・カーツマン/ロベルト・オーチー  (原作:ブルース・ゲラー)
<キャスト> トム・クルーズ/フィリップ・シーモア・ホフマン/ヴィング・レイムス/マギー・Q/ジョナサン・リース=マイヤーズ/ミシェル・モナハン 他
****************************************************************
IMFを引退し、現在は教官として部下の育成にあたるイーサン・ハント。婚約者との結婚を間近に控えて充実した日々を送る彼の元に、任務に失敗し捕えられた教え子リンジーの危機が知らされる。
彼女を救出するため一時的に現場に復帰したイーサンは、国際的な闇ブローカー、オーウェン・デイヴィアンとの戦いに巻き込まれていく…。

****************************************************************

基本的にこのシリーズはトムによるトムのための映画であり、とにかく『格好良いイーサン・ハント』が前面に押し出されているので、チームプレーよりもイーサン単独でおいしいとこ総取りですよねと思っていたのですが。
現役離れて勘が鈍ったのか、シリーズ中で一番ヘタレなイーサン・ハントでした(苦笑)

冒頭で婚約パーティーなど催していらっしゃったが、命がけで守り合った前作の彼女はどこ行った。
しかし超危険任務に従事するスパイが正体隠して結婚だなんて、うん、まあ大変ですよね。相手が。
組織の規律として伏せていなきゃならんのかもしれないけれど。夫婦の間にも隠し事のひとつやふたつはあるかもしれないけれど。でもそんな超重要事項を秘められていると命に関わるので大変困ります。
伴って、ずっと疑問に思っていたことがパートⅢになってやっと指摘されたというか提示されたよ。
スパイともあろうものが何故コードネームを使わないのか。常々不思議に思っていたよ。どうして全員ガチで本名なの。もっと秘めてくれ!と思っていたよ。

ストーリーは全体的に高速でした。
特に顕著だったのは後半。『ラビットフット』の入手を余儀なくされた件はもう物語も終盤という頃合いで、この任務発生の遅さは一体どういうことだろうと思っていたら、敵地潜入→場面転換→入手完了という華麗なスパイぶりを発揮するイーサン・ハントを拝むこととなりました。ええええ…!
見せ場の一つだと勝手に思い込んでいたのであまりにも景気良く省かれていた事実に大笑い。そんなどうでもいいシーンだったのか。つかラビットフットって何だったの。

ミッドポイントの後にきっちりどんでん返しが待っているところといい、このシリーズらしい展開とオチは用意されていましたが、しかし内部に裏切り者がいるのはもはやパターン化しているので驚くことでもないし、イーサンは思った以上にヘタレてるし(苦笑)、アクションも前回と比べると格段に落ちている。
何を売りにしていたのかわからず、個人的な感想としてはちょっと杜撰な感じが目についたパートⅢでした。

あ、でも奥さんは格好良かった!
訳もわからぬまま押し付けられた拳銃を的確に使いこなし、襲ってきた敵を撃退しながら、倒れたイーサンに心臓マッサージを施して蘇らせるというツワモノ。実に男前でした。ついでに彼女が医者だった意味はこれか、と納得した瞬間だった。

そのうちパートⅣも製作されるんだろうか。
ハント夫妻はともかく、ルーサーが活躍してくれるなら観たいと思います。あのキャラクターが一番好きだ。


私的評価:★★★

スポンサーサイト
| 洋画 | page top↑
拍手お礼
2009 / 03 / 12 ( Thu )
拍手ありがとうございます。
いただいたコメントへのお礼&返信です。(反転)

>09/03/09 S様
こちらこそ拍手&コメントありがとうございます!本当に、こちらこそ!(笑)
メールもありがとうございました。早速リンク貼らせていただきましたので、お時間がありましたら是非ご確認くださいね。これからもどうぞ宜しくお願い致します~!



※過去の返信分は折りたたみで。
続きを読む
| 拍手返信 | page top↑
チーム・バチスタの栄光
2009 / 03 / 03 ( Tue )
チーム・バチスタの栄光 [DVD]チーム・バチスタの栄光 [DVD]
(2008/08/08)
竹内結子阿部寛

商品詳細を見る


『犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。』

08年・日本 (サスペンス)
<監督> 中村義洋
<脚本> 斉藤ひろし/蒔田光治  (原作:海堂 尊)
<キャスト> 竹内結子/阿部 寛/吉川晃司/池内博之/井川 遥/田口浩正/玉山鉄二/田中直樹/佐野史郎/國村 隼 他
****************************************************************
難易度の高いバチスタ手術を専門とする、”チーム・バチスタ”。
東城大学病院の天才外科医・桐生が率いるこのチームは、過去26回の手術をことごとく成功させてきたが、しかしこのたび何故か3例立て続けに失敗。
病院側は原因を見極めるため、心療内科医の田口に内部調査を命じた。
果たしてこれは不運な事故か、医療ミスか、それとも連続殺人か…。

****************************************************************

原作は未読です。映画は今回が初。
TVドラマ版の方は既に観ていたんですが、…せめてドラマよりこっちを先に観るべきだった!悔やまれる!

ドラマは1クールという長い尺の中で、チームのメンバーひとりひとりの心理的な葛藤やら置かれている状況やらが詳細に描き出されていたおかげで、やや冗長気味ではあったがそれでもググッと世界に入り込んで観ることが出来たのですが。
映画は無理矢理2時間の枠に収めているばかりに、必要なことが描ききれておらずそこらじゅうで消化不良が発生していた…。ドラマと比較してしまったせいでもありますが、あらゆる箇所で説明不足と丸投げ感が否めず正直ガッカリでした。

田口&白鳥のコンビネーションに関しては、どっちも軽妙であり珍妙であり素晴らしかったが!
阿部寛もハマり役だったとは思うが、竹内結子はあの手の役柄(素直でテンパりやすく、周りに振り回され巻き込まれる系)を演じさせれば右に出るものはないと思いました。実に見事だった。
でも個人的にはドラマの配役の方が好きだ。

ちなみに今回の映画は「犯人」を知った上で観ましたが。
あの人の犯行は、つまり日々忙殺されて気力精神力ともにギリギリ崖っぷちな生活を強いられていた=ストレスが引き金になったんだろうと思われるんだけども。
しかし追い詰められている様子の描写がほとんど無いに等しいゆえ、説得力に欠けすぎていて単なるイカレ野郎にしか見えないのが惜しいです。
……まあパッと見た感じからあの人ちょっとアレだよね(苦笑)、とかそんなことは別に言っていないが!(言ってる)(しかもその表現かなり犯人が限定される)


私的評価:★★★

| 邦画 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。