映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
更新情報
2010 / 02 / 12 ( Fri )
ひとこと映画感想に、数本追加しました。

「LIMIT OF LOVE 海猿」
「崖の上のポニョ」
「スパイ・ゲーム」
「プラダを着た悪魔」


ちなみに当ブログのレビューについてですが。
個別に記事を起こしてる作品と、ひとこと感想で済ませてる作品とがありますけども、それイコールお気に入り度とは比例しません。
大好きなものを一言で済ませることもあれば、さほど心惹かれなくてもツッコミ入れなきゃ気が済まずに長々レビュー書いたりすることもありますので(苦笑)


スポンサーサイト
| 更新 | page top↑
トロイ (Troy)
2010 / 02 / 09 ( Tue )
トロイ [DVD]トロイ [DVD]
(2009/07/08)
ブラッド・ピットエリック・バナ

商品詳細を見る



『それは史上最大の「愛」のための戦い──』

04年・米 (歴史/戦争)
<監督> ウォルフガング・ペーターゼン
<脚本> デヴィッド・ベニオフ
<キャスト> ブラッド・ピット/エリック・バナ/オーランド・ブルーム/ダイアン・クルーガー/ショーン・ビーン/ブライアン・コックス 他
****************************************************************
敵対していたギリシャの強国スパルタとトロイが和平を結んだその夜、トロイの王子パリスは、美しきスパルタの王妃ヘレンと禁断の恋に落ち、彼女を自国へ連れ去ってしまう。
怒り狂うスパルタ王は、妃の奪還を口実にトロイへの侵略を開始。無敵の英雄と呼ばれる戦士アキレスを筆頭に、大軍をトロイへと差し向ける。

****************************************************************

古代ギリシャの伝説的戦争(トロイア戦争)の映画化とのこと。
原作があるらしいですが、未読のため映画単体の感想です。

トロイとスパルタ。
いがみ合ってきた両国がやっと和平を結んだという大変めでたい日に、スパルタの王妃(=人妻)と熱烈な恋に落ちてそのまま自国に連れてきちゃったトロイの第二王子です。

ちょ、バカ、あんた…!
返してらっしゃい!!

情熱的といえば聞こえはいいが、真実は単に浅はかなトロイの第二王子。
相手の王妃も王妃で、誘われたからといって何故にノコノコくっついて来るのだ。とんだ傾国の美姫ですよ。しかしそんな明らかな紛争の火種だというのに、何故かめちゃくちゃ厚遇されている不思議。どんだけ善い国なのトロイ。

当然に怒り狂ったスパルタ王は大軍を率いて攻め込んで参ります。
まぁもとより虎視眈々と侵略の機会を窺っていたスパルタ側にしてみれば、これ幸いとばかりだけど。
争いは一気に白熱。被害もどんどん拡大する一方で、両国の兵士がばったばったと倒れて行きます。
なんというムダな争い。
一組のバカップルが原因でムダに散った命が多すぎて泣ける。

そこにきてやっと「これ以上みんなを巻き込みたくない!王妃を巡って、自分が敵の王と一騎打ちする!」と言い出す第二バカ王子。もっと早く言ってください。
しかし自ら申し入れた一騎打ちであっさり敗北する王子です。追い詰められて、怖気づいて、助けに現れた兄(第一王子)の足にすがって震える弟。
ちょ、かっこわるい…!なにこのヘタレ王子!目を覚ませ王妃、この子はただ若くて美しいだけだ!(たぶんそれが重要なんだろうよ)
オーランド・ブルームの好演とも言えますが、実に惜しみなく無様な醜態をさらしまくるヘタレ王子に開いた口が塞がらない。

反して、兄である第一王子ヘクトルは非常に立派な戦士でした。それはもう素晴らしく男前で、それはもう素晴らしく眩しい存在でした。(エリック・バナの好演も素晴らしかった!)
見た目の麗しさだけは甲乙つけがたいが、中身が対照的すぎる兄弟です。
諸悪の根源であるバカ弟のせいで、ゆくゆくはこのヘクトルと、かの英雄アキレスが一騎打ちする運びとなるわけですが、どうせならもっと彼ら二人に重点を置いて描いて欲しかった、というのが個人的な希望を含む感想です。

つか、結局これは誰に焦点を当てた物語なんだろう。
英雄アキレスの物語と呼ぶには語弊があるような気もする。不遜で尊大、名声や栄光にこだわっていた豪傑のアキレスが、のちに敵国トロイの巫女と恋に落ちたことから、結果的に命を落とすことに繋がる流れはそもそも必要だったのか疑問です。
戦いの最中で恋を知り、安らぎを得ることで人間らしさを備えたという、成長であり変化は好ましかったけど、でもなんだかイマイチ中途半端な印象が拭えない。
そしてアキレスは確かに強かった。無敵ではあったが、しかし「英雄」とまで呼ばれるに至る地位の確立が不明瞭で、英雄の英雄たる所以がわからずじまいでした。

ちなみにこの映画、ブラッド・ピットの肉体美が!とか、ブラッド・ピットの肉弾戦が!とかいろいろ言われてましたが、ブラピより無数にチラつくおっさんの生足がやたらめったら目に付いて多少途方に暮れた。当時の正式な戦闘装備なんだろうが、失礼ながらちょっと多すぎた(苦笑)

あと最後の最後、へタレ王子が弓だけは抜群に得意だった事実に呆然。この人は本当に美味しいトコ総取りしてくれてびっくりだ…。


私的評価:★★


| 洋画 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。