映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
時効警察 第6話
2006 / 02 / 18 ( Sat )
いつの間に積み上げるほど作ったのか、「誰にも言いませんよカード」の山を部屋中にバラ巻く霧山。
あれ、このカードって意外にカラフルだったんですね。(どうでもいい新発見)

『時効』は警察官にとって恥ずかしいことなんだ!と主張する霧山。趣味の捜査に嫌気が差して悶々と凹んだ後にふらりと旅に出るのでした。(そして釣りで腰を痛める可哀相な子)

万引き犯の女子高生を説き伏せる霧山。良いこと言ってますが逆にとっ捕まっちゃうお約束。
颯爽と駆けつけるコスプレイヤー三日月は一体どこまで羽目を外すのか休日の警察官。
その後、霧山は十文字の稀で貴重な活躍により無罪放免となりました。おめでとう。

美人母子が経営するスナック「私」に入り浸る警察の面々。
周辺のスナックは「僕」「君」「俺」、etc。相変わらず素敵な小技が炸裂しております。

あと二日で時効を迎える指名手配犯、茗荷谷かよ子。今回の犯人は整形して逃亡中。
ポスターに書かれたやたらと細かい犯人の特徴が後々逮捕の決め手となるわけですが。
果たして整形に意味があるのかその詳細っぷり。そう多くないどころか、滅多にいなませんよこんな人。

そして今回最大の見所かと思われる、十文字が惚れた女に手錠をかけるシーン。
やば。うっかり泣けました。ちょっとそんないきなりオトコマエになられると困るから…!(誰が)
しかし恋に時効は無いらしいので、もう少しそのまま頑張っていただきたいものです。オトコマエ継続。
いや、でも時効は無くても賞味期限はあるよね…。(台無し)
| TVドラマ感想 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。