映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
真夜中の弥次さん喜多さん
2007 / 01 / 21 ( Sun )
真夜中の弥次さん喜多さん [DVD]真夜中の弥次さん喜多さん [DVD]
(2008/10/24)
長瀬智也中村七之助

商品詳細を見る


『お伊勢参りへ行こうぜベイベー』

05年・日本(時代劇コメディ)
<監督> 宮藤官九郎
<脚本> 宮藤官九郎  (原作:しりあがり寿)
<キャスト> 長瀬智也/中村七之助/阿部サダヲ/小池栄子/寺島進/竹内力/山口智充/荒川良々/ARATA 他
****************************************************************
ワイルドで熱い弥次さんと、ヤク中の役者喜多さんはディープに愛し合う恋人同士。
虚ろに”リヤル”(現実)を求める喜多さんを立ち直らせたい弥次さんは、「リヤルは当地にあり」と書かれたダイレクトメールに望みを託し、二人でお伊勢参りへ旅立つことを決意する。
喜多さんのヤク中を治すため、そしてリヤルという名の自分探しのために生まれて初めて江戸を飛び出した彼らだが、その行く先々では様々な関門が待ち受けていた。

****************************************************************
一癖も二癖もある豪華出演者をふんだんに揃えて繰り広げた、時代考証完全スルーの時代劇コメディ。
デタラメ万歳!で好き放題に突っ走る有り様は、ある意味清々しいくらいぶっちゃけカオスの極致です。
なんて自由奔放…!
ちょっと感動でした。なるほどこれがクドカンワールドってやつですか。すごいなあ!

でもテンポの良い前半とは打って変わって、残念ながら途端にガタ崩れの後半。
夢と現をぐるぐる行き来する弥次喜多の世界にポツンと取り残されたような微妙な疎外感と、何度も繰り返される似通った流れのクドさに正直ダレました
さらに尻つぼみのまま流れ出したスタッフロールにしばし呆然。
ぶった切られた感がなんとも強烈です。まあ”取り戻した”って意味ではあれで完結と言えなくもないんだろうけども、…でもなんだろうこの不完全燃焼的なスッキリとは程遠い中途半端さ(苦笑)
いっそもう少し短く編集した方が良かったのでは、と思わないでもない124分でした。

私的評価:★★★
| 邦画 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。