映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
恋愛小説
2007 / 02 / 18 ( Sun )
恋愛小説 [DVD]恋愛小説 [DVD]
(2006/04/28)
玉木宏小西真奈美

商品詳細を見る


『もうだれも愛さない  だって、ぼくは死神だから』

04年・日本(恋愛)
<監督> 森 淳一
<脚本> 坂東賢治  (原作:金城一紀)
<キャスト> 玉木 宏/小西真奈美/池内博之/平山あや/奥貫 薫/神木隆之介 他
****************************************************************
法学部に在籍する宏行は、同じ大学に通う顔見知り程度の友人・聡史から遺言書作りのアルバイトを依頼された。
たった独りで豪邸に住み、自らのことを「死神」と呼ぶ聡史はやがて自身の過去を語り始める。
それは『親しくなった人が皆この世を去ってしまう』という数奇な運命に翻弄された彼が、たった一度だけ経験した悲しい恋の物語だった。

****************************************************************
WOWWOWで発表されたドラマがあまりに好評だったために劇場公開されました、という珍しい作品。
話の展開はとても先読みし易いですが、でも決して悪い意味じゃなく。むしろ、だからこそググッとのめり込んで行けるような気がして不思議とノープロブレム。
”死神”という非現実的設定に至ってはどっかで見たような話だなと一見思わせておいて、でも時折垣間見えるシュールな色とリアリティはなかなかバランスが良かったです。
例えばここまで死を前提にせずとも、つまり『愛』とはこうあって欲しいんだ!という作り手の強い思いが終始伝わってくる話でした。それが別に押し付けがましいわけでもないので、わりとすんなり観られて好感触。

なにより宏行と瑞樹のキャラクターが素晴らしい。
宏行は主にリアリティ担当。数奇な特殊性を纏った聡史とは真逆に、ごく普通に存在していそうな学生さん。
瑞樹は映画のオアシス担当(笑)。コニタンの愛らしさを再確認してご満悦だったのは私だけじゃないと断言出来る。本当にどこまでキュートなんだろうこの人!大好きだ!(落ち着け)

結局のところご想像にお任せします的なラストには多少不満も残るのですが、でも主人公はあくまでも宏行なので(たぶん)、その点に関しては完結しているから構わないんだろうなあとムリヤリ納得。
…それにしてもこのご時勢、顔見知り程度の人に頼むにはいくらなんでも事が重大すぎやしませんか。資産管理って!遺言って!
殻に閉じこもらない(彼女との約束を守った)ことの第一歩の表れだったとしても、いやそれでもちょっと…!怖いよちょっと…!
聡史はまず公証役場に行ってみては如何かと思います。そこで話終わるけど。


私的評価:★★★
| 邦画 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。