映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
魔王 第三話
2008 / 07 / 20 ( Sun )
前回てっきり多恵さんに撃たれたものと思っていた芹沢の親友(取り立て屋)は病死でした
多恵さんに送られてきたブツは、拳銃じゃなく催涙スプレーだったというオチでした。
喘息を患ってた取り立て屋(名前覚えてあげて)はそれを吸ってご臨終というオチでした。
そうだったのか…だから突入したあの女刑事が「何この匂い!」って言っておられたんですね…(てっきり血の匂いか何かかと)

その頃。
迷子になってた空ちゃんを家まで送り届ける成瀬&サイコメトラーしおりです。
成瀬は初の運転シーンです。いつも歩いてる姿しか映ってませんでしたが、車をお持ちだった様子。
でもその後、しおりを店まで送り届ける際は何故か徒歩の成瀬です。折角登場した左ハンドルの車は今どこに。

ともかく今回もやっぱり多恵さんの弁護を引き受けた成瀬は、サクッと正当防衛を勝ち取りました。
もちろん芹沢、大激怒。
もちろん成瀬、(こっそり)ニヤリ。

しかし正当防衛とはいえ、人を死に追いやってしまったことを悔やみ苦しむ多恵さんです。
自分を殺人者に仕立て上げた人間が憎いと呟く多恵さんです。
その言葉を聞いて、巻き込んだことに対して多少なりとも罪悪感を覚えた様子の成瀬ですが。
…だからと言ってやり方は変えないんだろうなぁ、この人…(溜息)
実は何気にすっかり成瀬贔屓で観ているこのドラマですが、無関係の人間巻き込み型殺人に関してだけはやっぱりちょっとそれはどうなの成瀬!と問いたいところであります…。

成瀬が空ちゃんを連れ出した不思議な経緯については、終盤で謎が解けました。
謎でも何でもなかった。成瀬の仕業じゃなかった。
えっ!共犯者いたの…!?
これで事の経緯は納得出来ましたが、しかしもれなく違う謎が浮上。
あの眼鏡の彼、どう見ても首尾よく子供を手懐けられると思えないんだが(失礼)
いや、でも人は見かけによらないと昔の人は言ったものだ(更に失礼)
たぶん成瀬弟と同級生だったんだろう、さらに芹沢達にイジめられてたんだろうと思われる眼鏡くんの登場です。これからの活躍にちょっぴり期待してます。何をやらかしてくれるのやら(期待の方向性は気にしない)

謎と言えばしおりについて。
成瀬の赤い復讐部屋に、彼女の写真がしっかり存在してる事実が判明しました。
ターゲットなの!?
実はかつて成瀬弟の事件を目撃していた事実も判明しましたが、…もしやキミそのとき何かやらかしたのか…?(そのまま放置したとか、ありそうで怖い)
とりあえず成瀬は彼女の力をよくご存知のようでありました。
ちなみに今回カードから読み取った残像は、成瀬弟の中学時代の光景でした。つまり成瀬(兄)自身は知らないはずの光景。
…どういうことなのかわからん…!
調べてみたところサイコメトリーとは、対象に込められた思念や過去の経歴を辿り識ることが出来る、とのことでした。
じゃあ「残像」は、思念を込めることで意図的に残せるものだったり?
それともカード自体が実は弟の持ち物だったりしますか?
やっぱりわからん…。

そして成瀬は教会で泣いている彼女に己のハンカチをそっと差し出しましたが。
ごく普通に考えれば涙を拭ってそのまま返すなんてことがあったらびっくりなので、あのハンカチは少女がきっと洗濯して後日返却するんだと思いますが。
それの残像は大丈夫なの…?
残念ながら私には成瀬の計算がどこまで行き届いてるのかまったく読めていないので、怖いと言うか普通に心配です(やっぱり成瀬寄りの視点/苦笑)

ともかくまずは取り立て屋・石本が成瀬の計略に斃れ、残る芹沢の親友はあと二人になりました。葛西と宗田。
宗田と言えば、通りすがりの本屋で後ろ姿を目撃しただけで中学以来久しぶりに再会した同級生をピタリ言い当てる彼の記憶力は結構とんでもないなと思いました。キミ実はわりと記憶力に恵まれた子…?
宗田はたびたび芹沢家にお小遣いをたかりに来てるらしく。それに対してさっさと消えろとばかりに札束を渡す芹沢父。
普段からどんだけ懐に現金入れてるのパパ。
第三話で一番驚いたのはこのシーンです。
| TVドラマ感想 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。