映画タイトルINDEXはコチラからもご利用いただけます。(別窓)


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
最高の人生の見つけ方(THE BUCKET LIST)
2008 / 05 / 30 ( Fri )
最高の人生の見つけ方 [DVD]最高の人生の見つけ方 [DVD]
(2008/09/25)
ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマン

商品詳細を見る


『余命6ヶ月、一生分 笑う。』

07年・米 (ヒューマンドラマ)
<監督> ロブ・ライナー
<脚本> ジャスティン・ザッカム
<キャスト> ジャック・ニコルソン/モーガン・フリーマン/ショーン・ヘイズ/ビヴァリー・トッド/ロブ・モロー 他
****************************************************************
貧しくも実直な自動車整備士のカーターと、自分本位で高慢な大富豪のエドワード。
対照的な二人の男は奇しくもそれぞれ末期ガンに倒れ、隣り合わせた病室のベッドで知り合った。
共に余命は六ヶ月。彼らは残りの人生の中でやりたいことを記した「棺おけリスト」を作り、それらを全てやり尽くすため病院を抜け出して、最後の旅に出る。

****************************************************************

モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンの共演。
何ですかこのおいしすぎる組み合わせ。
ピンポイントでツボを突いてくるこの素晴らしいキャスティングに、思わずアメリカ方面に向かって手を合わせたくなりました。
ストーリーがこれまた私のツボを狙い撃ちしてくれたかのようなハートウォーミングなヒューマンドラマのド直球。
最高レベルの期待を持って観に行って参りました。

結果。
すごく良かった。
泣いた。

死を取り扱う重いテーマでありながら、むしろ爽やかな心地良さと生命力に溢れてました。
余命六ヶ月という彼らの設定が設定なので結末は勿論予想の範疇ではありましたが、でも反して後味は決して悪くない。
名優二人はさすがの存在感と演技力でした。彼らの持ち味がよく活かされた見事な脚本だなあと感嘆の息。
さらに脇を固めるキャラクターも好ましかったです。特に秘書の彼グッジョブ。

ただ”棺おけリスト(やりたいことリスト)”については、エドワードが一般人とは比較にならん大富豪であるから実現した部分が多くを占めるので、そこだけちょっとファンタジックな印象になってしまったのが残念な気はしますが。
でも後半~ラストにかけて消化した項目に至ってはその限りじゃなく。それはもうガッツリと涙腺が崩壊しました。”世界一の美女にキスする”にはどんだけ泣かされたことか…!

定価1800円きっちり支払うことがまるで惜しくない、大満足な作品でした。
が、でもレディースデイに観た人間のセリフじゃないだろうとは我ながら思う(苦笑)


私的評価:★★★★★
| 洋画 | page top↑
レッスン! (TAKE THE LEAD)
2008 / 05 / 22 ( Thu )
レッスン! (プレミアム・エディション〈2枚組〉) [DVD]レッスン! (プレミアム・エディション〈2枚組〉) [DVD]
(2007/12/22)
アントニオ・バンデラス

商品詳細を見る


『先生、世界一の社交ダンサー
生徒、誰もが見放す落ちこぼれ』


06年・米 (ヒューマンドラマ)
<監督> リズ・フリードランダー
<脚本> ダイアン・ヒューストン
<キャスト> アントニオ・バンデラス/ロブ・ブラウン/ヤヤ・ダコスタ/アルフレ・ウッダード/カティア・ヴァーシラス 他

****************************************************************
街中で荒れ果てた高校生の姿を目の当たりにしたピエール・デュレインは、その翌日、自らが指導する社交ダンスで生徒達を更正したいと学校側に申し出た。
初めはまるで相手にされなかったピエールだが、しかし彼の熱意と風変わりなレッスンが、やがて生徒達を社交ダンスの魅力に目覚めさせていく…。

****************************************************************

ピエール・デュレイン氏は実在の人物らしいです。
ニューヨークで教育の一環に社交ダンスを取り入れ、大きな実績を挙げたとか。
そんなわけで実話に基づいてるとはいえ、でもやっぱりエンターテイメント性が色濃く前面に押し出された映画になっておりました。
と言っても別に悪い意味ではなく。個人的にはそこそこ面白かったです。
ダンスの名講師が、いわゆる不良どもを社交ダンスを通じてちゃちゃっと更正させていく青春ストーリー。すごく判り易い展開で大団円を迎える、ハッピーエンダーに優しい話でした。
実際問題、大会参加費の工面とか。生徒全員がいつの間にかめちゃくちゃ踊れるようになってるあたりとか。色々とツッコミどころはありましたが、まあそこは気にしない。

ピエールの頭のやわらかさは、これぞ教育者として素晴らしいではないか!と感激するばかりであります。
自分が薦めたいのは社交ダンス。生徒達が大好きなのはヒップホップ。
そうかじゃあいっそ融合させてしまえという結論に至る潔さとか、なんて斬新な型破りっぷり!
熱意というか、むしろ淡々と社交ダンスを薦めていく彼の手腕はお見事すぎて痛快でした。
PTAに社交ダンスの意義と魅力をサラリと語り聞かせてしまうシーンには震えがきた。上手すぎるこの男!
ちなみにそんなピエールを演じるのがA・バンデラスという事実がとても愉快です。いや決して悪い意味ではなく。嫌いじゃないんです。ただ彼は濃いだけで(理由になってない)


私的評価:★★★★
| 洋画 | page top↑
フライトプラン (FLIGHTPLAN)
2008 / 04 / 10 ( Thu )
フライトプラン [DVD]フライトプラン [DVD]
(2007/06/20)
ジョディ・フォスターショーン・ビーン

商品詳細を見る


『その時、最新鋭の旅客機は、史上最悪の《戦場》に変わる──!』

05年・米 (サスペンスアクション)
<監督> ロベルト・シュヴェンケ
<脚本> ピーター・A・ダウリング/ビリー・レイ
<キャスト> ジョディ・フォスター/ピーター・サースガード/ショーン・ビーン/マーリーン・ローストン/エリカ・クリステンセン 他

****************************************************************
最新鋭のジャンボ旅客機内で、目を離した隙に6歳の愛娘が忽然と姿を消した。
母カイルは一心不乱に娘を探し回るがどこにも見当たらず、その姿を目撃した者すらいない。
やがて娘の名が搭乗記録に存在しないことを知らされた時、カイルはこれを誘拐だと訴えるが、しかしもとより不安定だった彼女の精神状態が問題視される。

****************************************************************

※ネタバレ含有につきご注意願います。


現場はジャンボジェットの機内という、いわば密室状態。
姿はおろか、荷物・航空券に至るまで忽然と消えてしまった娘。
容疑者は不明。可能性は全乗客乗員にある。

設定はすごく、ものすごく面白いと思う…!
このアイディアを上手く活かせたなら本当に面白い作品になったんじゃなかろうかコレ。
でもひたすら勿体ない話でした。
設定をぶち壊す勢いで展開がめちゃくちゃです。というか無茶です。

犯人の動向というか、思惑自体が最も謎でした。
やたら計画的な犯行と思わせておきながら、あまりにも偶然に頼りすぎた部分が多くないか…?
何か一つでも前提が崩れれば成り立たなかったと思うのですが、どうなんだろう。
例えば、客室乗務員の誰か一人でも素晴らしい記憶力で親子の顔を覚えていたらどうするんだ。
娘を連れ去る決定的瞬間を目撃してる人間がいたらどうするつもりだったんだ。
そもそもカイルがうっかり眠らなかったらどうするつもりだったんだ。
いかに睡眠薬を常用していようが、飲んでから眠ったわけでもあるまいし、他人にポケット探られて気付かないほど深い眠りにつけるものだろうか。飛行機の中で??
どこまで謎だらけなんだ。

そしてジョディ・フォスター演じるカイルの身勝手さが目に余りました。
確かに彼女は紛うことなく理不尽に害を被った犠牲者なので、もちろん気の毒ではあるんですが。当事者の胸中を思えばそりゃあもうパニックに陥るのは道理といいますか。理解は出来なくも無いんですが。
でも感情移入は無理だった。
自分が目を離した隙に子供が居なくなって。(小さな子供から目を離すべきじゃないと思う)
ひと通り探しても見つからないこれは誘拐だと騒ぎ出して。(いやまあ実際誘拐だったんだけども)(でもその騒ぎ方が傲慢すぎる)
なまじ専門知識があるだけにそれを振りかざすという。(実はこの旅客機の設計者である)
彼女、結構やりたい放題です。
問答無用の手段に出るのはそれだけ必死だという表れでもありますが、でもこうなると偶然乗り合わせた乗客が一番迷惑を被っていると思われ。あと機長(及び乗務員)。

この映画は犯人に行き着くまでが物語の要だと思うので、やたらあっさり片がついた対決については敢えてツッコミ入れませんが。
ただ、なぁ。娘を助け出して機長に謝らせてそれで終わりかと思うと酷い話だなあと思いますよ。
激昂していたとはいえ、結果的に濡れ衣だったアラブ人に対する非礼を一言謝るとかそんな態度を見せるべきじゃないですかね、カイルは。ちょうどラストでその機会もあったんだし。

酷いと言えば客室乗務員の態度も大概酷かったんですけども。今のご時勢であの接客態度、どんだけクレーマーを刺激したい勇者ですか(苦笑)


私的評価:★★
| 洋画 | page top↑
ホリデイ (THE HOLIDAY)
2007 / 08 / 07 ( Tue )
ホリデイ (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第2弾) [DVD]ホリデイ (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第2弾) [DVD]
(2008/06/12)
キャメロン・ディアス.ケイト・ウィンスレット.ジュード・ロウ.ジャック・ブラック

商品詳細を見る


『人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある』

06年・米(ロマンティック・コメディ)
<監督> ナンシー・マイヤーズ
<脚本> ナンシー・マイヤーズ
<キャスト> ケイト・ウィンスレット/キャメロン・ディアス/ジュード・ロウ/ジャック・ブラック/イーライ・ウォラック 他
****************************************************************
ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、未だ忘れられずにいる元恋人の婚約を知って大ショック。
ロサンゼルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダは、同棲中の恋人に浮気されて彼を自宅から追放。
傷心の二人はインターネットを介して知り合い、「ホーム・エクスチェンジ」の契約を結んだ。
お互いの家を丸ごと交換して過ごす二週間のクリスマス休暇。やがてアイリスはロスでアマンダの仕事仲間マイルズと、アマンダはロンドンでアイリスの兄グラハムと出会い、恋に落ちるが…。

****************************************************************

笑いあり涙ありの元気なロマンティック・コメディ。

「ホーム・エクスチェンジ」とは、調べてみたら海外じゃそう珍しくもないらしいですね。
人間だけが移動して家も車もペットも丸ごと交換する契約だという。
その無防備極まりないチャレンジ精神には恐れ入ったが勉強になった。

アマンダとグラハムからはスピード重視な洗練された勢いがほとばしってて圧倒されました(笑)
スピードありすぎて不器用にコースアウトしながらも軌道修正して再び並走という。この溢れんばかりのパワーはハンパない。
ちなみに事後にブラ着用のアマンダにはさすがに微苦笑が漏れましたが、どうなんでしょうかその辺り。わざわざ事後に着けたんですか、もしくはそもそも外さなかったんですか。いやそんなもんどうでも良いんですが、でも反面どっちなのか心底突っ込みたくてしょうがない衝動(苦笑)
別に裸体なんか見せてくれなくていいので、どうせなら布団で隠しといてくださいよ。折角のシーンが強烈な違和感で半減してしまうよ。

アイリスとマイルズの仲は、恋愛ありきで進んで行くわけじゃないのが却って好ましいです。
気遣い上手で似た者同士な彼らの歩み寄りが自然体で好ましい。

好きなエピソードを挙げるなら、アイリスとおじいちゃんとの交流が筆頭です。
というかこの紳士を極めたおじいちゃんが大好きだ。男前すぎる。アナタ男前すぎる。
歩行練習のシーンなんてものすごい感動の波が押し寄せました。
アーサーが立った!!(クララ)

色々と上手く行きすぎな感もありますが、ご都合主義上等です。大いに結構です。
むしろこの話に野暮なリアリティなんて不要だとしか思えない。
ここまで気分爽快に盛り上げてくれるハッピーエンドはちょっとすごいです。

パーフェクト!(惜しみない笑顔でサムズアップ)


私的評価:★★★★★
| 洋画 | page top↑
チャーリーとチョコレート工場 (CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY)
2007 / 07 / 10 ( Tue )
チャーリーとチョコレート工場 特別版 [DVD]チャーリーとチョコレート工場 特別版 [DVD]
(2006/02/03)
ジョニー・デップフレディー・ハイモア

商品詳細を見る


『さあ、世界一オカシな工場見学へ!』

05年・米(ファンタジー)
<監督> ティム・バートン
<脚本> ジョン・オーガスト (原作:ロアルド・ダール)
<キャスト> ジョニー・デップ/フレディ・ハイモア/デヴィッド・ケリー/ヘレナ・ボナム=カーター/ノア・テイラー/ディープ・ロイ 他
****************************************************************
失業中の父と母、寝たきりの祖父母達に囲まれ、貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。彼の家のそばには、もう長いこと誰一人足を踏み入れたことが無いにも関わらず、世界一のチョコレートを作り続ける謎に包まれた不思議な工場があった。
ある日のこと。工場の経営者ウィリー・ウォンカ氏は驚くべき声明を発表。
全商品のうち5枚のチョコレートに忍ばせた“ゴールデン・チケット”を引き当てた者を、特別に工場の見学へ招待するという。
奇跡的に幸運のチケットを手に入れたチャーリーも、晴れて工場へと招かれるが…。

****************************************************************

今更ですがこれを奇才と呼ばずして何と呼ぶのか。グッジョブです名コンビ。
ティム・バートン&ジョニー・デップだからこそ成り立ったと言っても過言じゃない、素敵にぶっ飛んだファンタジー。

テーマとして語られるのは家族の温かさです。
それを基盤として展開されていく夢に溢れた物語。とは言え、全編通して明らかに大人向け。
華麗に炸裂する容赦ないブラックユーモア(笑)
いわゆる典型的なイマドキのがきんちょ達が、こうも躊躇いなくサクサク成敗されていく過程には目を瞠ります。なんて潔いんだこの映画。

しかし父親から厳しい躾ばかりを受け、家族の温かさを知らずに育ったウィリー・ウォンカもまた一人の子供であるということ。
チャーリーが逆に家族の大切さを諭しちゃうあたりからもそれが窺えます。(いや、まあそれ以前にウォンカのお子ちゃまな言動は嫌でも散々目につきますが)(苦笑)

主人公、チャーリーはこのご時勢に珍しく純真で健気で愛らしい良い子なのですが。
でも拾ったお金でチョコ買っちゃうのはどうなんですかと。有りなんですかと。そこだけは心底ツッコミ入れさせていただきたい。
そういうわけで物心ついた子供と一緒に観るならば、あれはやっちゃいけないことだよネ☆って再確認という名のもとに、ついでに映画感想も一緒に語り合っちゃうとナイスコミュニケーションを図れて一石二鳥っぽい。

ちなみにこの映画、オチは真面目についてます。
やりたい放題に丸投げのまま終わらないでくれてちょっと安心(笑)
遊びごころ満載に『教育』を風刺する寓話ですが、このテーマがまったく説教臭くない仕上がりになってるところは素晴らしいと思う。


私的評価:★★★★
| 洋画 | page top↑
ベルベット・レイン (江湖/BLOOD BROTHERS)
2007 / 04 / 21 ( Sat )
ベルベット・レイン [DVD]ベルベット・レイン [DVD]
(2006/02/10)
アンディ・ラウジャッキー・チュン

商品詳細を見る


『あとは、愛が足りない。』

06年・米(ヒューマン)
<監督> ウォン・ジンポー
<脚本> トー・チーロン
<キャスト> アンディ・ラウ/ジャッキー・チュン/ショーン・ユー/エディソン・チャン/リン・ユアン/エリック・ツァン 他
****************************************************************
大ボス、ホンの暗殺計画が噂される黒社会。
冷酷無慈悲な弟分のレフティが黒幕の洗い出しに掛かる中、互いに腹を探り合う配下達。
折りしも息子が誕生し守るものが出来たホンと、それを機に引退を勧めるレフティとの間には、固く結ばれた絆に反していつしか深い確執が生まれていた。
一方。この世界で一旗上げようと野望を抱く二人のチンピラ、イックとターボは、とある計画の実行犯が選ばれるくじ引き会場へと潜り込む…。

****************************************************************

見慣れた顔のオンパレードに今ではむしろホッとする香港ノワールです。
そしていい感じに集めてくれた美の競演
寡黙な美青年イック(ショーン・ユー)が今回もまた男前でたまりませんでした。男前すぎてたまりませんでした(二度言った)。
しかしあまりに徹底された不言実行っぷりに、観ている側としては彼の中でどんな変化が生じているのかイマイチ不明瞭で、結果いつも唐突に事を起こす人だったのが微妙に残念だ。

ターボ(エディソン・チャン)のチャラ男っぷりはやけに新鮮でした。
(イメージ的に「インファナル~」のラウ、いいやそれよりも「頭文字D」の涼介が頭に根付いていた)
若かりし頃の加勢大周に見えて仕方なかったのは、遠い記憶をムリヤリ封じることでとりあえず遣り過ごしました(そんな必死になることでは)。

ホン(アンディ・ラウ)とレフティ(ジャッキー・チュン)の間に存在する溝は、よく一緒に仕事なんぞ出来るもんだなあと思う程度には判りやすい深さです。
組織において頭とその片腕がこうも考え方を異にしていて、それでも成り立っちゃうあたりに主に頭であるホンの力量を示しつつ、そこでもまた二人の立ち位置を明確にしているんだろうなあとは思う。
ちなみに”レフティ”というと「フェイク」を思い出しますが、だから何だということはまったく無い

物語は中盤から徐々に伏線がその効果を発揮し始めるわけですが。
やがて彼らの人生が一つの物語へと集結していく、この見せ方は素晴らしいと思いました。
でも総合的な感想が「まあまあ」以上にならないのは、どうしても「インファナル・アフェア」と比べてしまうからだということは自覚している。悔しいが、でもこればっかりはどうしようもないんだ…!


(以下、ネタバレにつき反転)

最後まで残った疑問がこれ。
エミリーはヨーヨーなんですか?(本当にわからなかった)


(反転終了)


私的評価:★★★
| 洋画 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。